内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断された上で、油脂の摂取などによる「脂質過多」、「血圧(blood pressure)」、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上に合致するような事例を、内臓脂肪症候群と名付けています。

自分で外から観察しただけでは骨が折れているかどうか分からない時は、疑わしい箇所の骨をごく弱い力で触れてみてください。そのポイントに強烈な痛みを感じたら骨が折れている可能性があります。

年齢を重ねることによる耳の聞こえにくさは段々聴力が落ちていきますが、多くの人は還暦を超えてからでないと聴力の衰退をしっかりとは自覚できないのです。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な措置では大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」とグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術」の2つの異なる治療方法が精力的に利用されています。

AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を保有していない非医療従事者でも使う事のできる医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスに沿って対応することで、心室細動に対しての緊急処置の効果を可能にします。

アメリカやヨーロッパ諸国では、新薬の特許が切れた4週間後、製薬市場の80%がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に切り替わるという薬もある位、ジェネリックは地球上に親しまれています。

国民病ともいわれる花粉症とは、山のスギやヒノキ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉が元凶となり、くしゃみ・頭重感・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を起こしてしまう病気として日本人に定着しています。

常在細菌の一つであるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒力が極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒素の薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つが存在するのです。

めまいは起こらないのに、長時間続く耳鳴りと難聴の2つの症状を何回も発症するケースの事を「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で診断する症例もあるとのことです。

環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると輪状、つまりはまるい形状の紅い色の発疹など、皮膚症状の総合的な病名で、その原因はまさしく多種多彩だといえるでしょう。

塩分と脂肪の摂取過多は中止して続けられる運動に努め、ストレスの少ない毎日を意識することが狭心症の要因となる動脈硬化を予め予防するコツだといえます。

不整脈である期外収縮は、特に病気ではなくても症状が起こることがあるためさほど逼迫した重病ではないにしても、発作が数回続いて起こるケースは危ないのです。

ビタミン欠乏症である脚気の症状は、四肢がマヒしたり下肢の著しい浮腫などが目立ち、症状が進行すると、深刻な場合、心不全も誘引する可能性があるそうです。

下腹の疝痛を特徴とする病気の一例として、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、卵巣の病気などの病名が聞かれるようです。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に在る血糖値に深く関与しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまうことから、膵臓からは必要量のインスリンが出なくなって発病してしまう糖尿病なのです。

毎年流行するインフルエンザに適している予防テクニックや治療方針等必須の対処策そのものは、それが季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても一緒です。

下腹部の激痛を起こす代表的な病には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、卵管の病気など、様々な病名が挙がります。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、1週間くらいきちんと薬を飲めば、原則的に多くの患者さんの自覚症状は良くなりますが、イコール食道粘膜の炎症そのものが快癒したわけではないので注意が必要です。

緊張性頭痛というものはデスクワークなどでの肩凝りや首凝り、張りに誘引される最も多いタイプの頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような頭痛」「ドーンと重苦しいような耐え難い痛さ」と言われます。

普通は水虫といえば足を連想し、特に足の裏や指の間に現れる病気だと思われがちですが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけではないので、全身どの部位にも感染するという危険性があるのです。

体脂肪量は変化がないのに、体重が飲み食いや排尿などにより一時的に増減するようなケースでは、体重が増えれば体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減った人は体脂肪率が高くなることがわかっています。

クシャミ、鼻みず、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の主な症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛ぶ量に追従するように深刻になる特徴があるというのは周知の事実です。

昨今、比較的若い世代で感染症の一種である結核の免疫力、すなわち抵抗力を持たない人達が多くなっていることや、自己判断のせいで診断が遅れることなどが原因の集団感染や院内感染が増えています。

スギの木の花粉が飛ぶ頃に、まだ小さな子どもが発熱はしていないのに頻繁にクシャミをしたり水っぱなが出続けているような状態だったなら、杉花粉症の恐れがあるかもしれません。

規則正しい穏やかな暮らしの継続、満腹になるまで食べないこと、楽しい運動等、古典的とも言える自分の身体への取り組みが肌のアンチエイジングにも関係するということです。

軽傷の捻挫だと勝手に決めつけ、冷湿布を貼って包帯やテーピングで一応患部を固定し、様子をうかがうよりも、応急処置をした後迅速に整形外科の医師に診察してもらうことが、早く完治させる近道だといえるでしょう。

細菌やウィルスなど病気を発生させる病原微生物、すなわち病原体が口から肺の中に入り込み伝染し、肺全体が炎症反応を起こした事態を「肺炎」と呼ぶのです。

体を動かすのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖、細胞の新陳代謝に必要な蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこうした体をキープするために絶対に要る重要な栄養分までも減少させてしまう。

現代の病院のオペ室には、手洗い場や器械室、手術準備室を用意させ、手術中に撮影するためのX線装置を備えておくか、そうでなければ近辺にX線装置のための専門室を併設するのが常識となっている。

ハーバード・メディカルスクールの研究によると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上カフェインの取り除かれたコーヒーを代用すれば、直腸ガン発病率を5割も減らせたそうだ。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>ベジセーフの危険性もきちんと説明してくれた