くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛散している量に追従しているかのように深刻化するデータがあるというのは周知の事実です。

花粉症というのは、森林のスギや檜、松などの飛散するタイプの花粉が誘因となって、クシャミ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を齎す病気なのです。

男性の生殖器である前立腺は働きや成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが大きく関わり、前立腺に現れてしまった癌も同じように、アンドロゲン(雄性ホルモン)の働きによって大きくなってしまいます。

チェルノブイリ原発の爆発事故のその後の追跡調査の結果において、体の大きな成人に比べて体の小さい未成年のほうが飛来した放射能の深刻なダメージを受けやすくなっていることが判明しています。

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、四肢が無感覚になったり下肢の著しいむくみなどがよく起こり、病状が進むと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全などを招く可能性があるのです。

めまいは無いのに、しつこい耳鳴りと難聴の症状のみを何回も繰り返すケースの事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」というような事例も多いようです。

吐血と喀血、2つとも口からの出血に変わりはありませんが、喀血は喉から肺に続いている気道から血が出る症状で、吐血というのは無腸間膜小腸より上部にある食道などの消化管から血が出ることを表しています。

明るくない所だと光量不足によって見えづらくなりますが、さらに瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに多くのエネルギーが消費されてしまい、明るい場所で物を見るより疲れるのが早くなります。

ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れてしまった後に購入できて、新薬に等しい成分で負担分を抑制できる(金額が高くない)後発医薬品のことを指しています。

鍼灸用のハリを患部に刺す、というフィジカルな何か所もの刺激は、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスという名の要は電気信号伝達を起こすのではないかという考えが浸透しています。

まず間違いなく水虫=足、中でも足指の間にできる皮膚病だと間違えられやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけに留まらないので、全身どこにでも感染してしまうという可能性があるのです。

内臓脂肪タイプの肥満が確認された上で、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、高血圧、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個か3個すべてに相当するような事例のことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼びます。

500以上もの働きを持つ肝臓に脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化や脳梗塞を筆頭に多くの合併症を誘引する恐れがあるのです。

エイズとはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の病名で、免疫不全となって健康体では感染しにくい日和見感染や悪性新生物等を複数発症してしまう病状そのものの事を称しているのです。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、身体に害を与えるUV-Aの異常な浴び過ぎは皮膚病をもたらすとして、19歳未満の若者がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用する活動の禁止を広く世界各国に喚起しています。

患者が増えつつある逆流性食道炎は、3~4日ちゃんと薬を飲めば、原則的に9割近くの患者さんの自覚症状は消え去りますが、イコール食道粘膜の炎症反応そのものが根治したとは断言できないので注意が必要です。

肝臓をいつまでも元気にキープするためには、肝臓の毒素を分解する力が低くならないようにすること、言いかえれば、肝臓の老化対処法を地道におこなうことが必要でしょう。

体脂肪の量(somatic fat volume)にはさして変動がなく、体重が食物の摂取や排尿等により短時間で増減する時は、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が高くなるのです。

栄養バランスのいい食生活や適切な運動は当然ですが、肉体や精神の健康や美のために、サブに色々なサプリメントを使用する事がまったくおかしくなくなりました。

くしゃみや鼻水、鼻詰まりに目の痒み・異物が入っているような感じなどの花粉症の主な諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛散している量に沿って悪化してしまう特性があるのです。

BMI(体重指数)の計算式はどこの国でも共通ですが、BMI値の評価基準は国によってそれぞれ少しずつ違っていて、JASSOではBMI値22が標準、BMI25以上の場合だと肥満、18.5未満の場合は低体重としているのです。

ピリドキサールには、多種多様なアミノ酸をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーを活用するために欠かせない重要な回路へ取り込ませるため、より細分化することを促進する作用もあります。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に在る血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまうことが原因で、結果的に膵臓からはほとんどインスリンが分泌されなくなってしまって発病するという生活習慣とは無関係の糖尿病です。

真正細菌の結核菌は、人間がゴホゴホと「せき」をすることによって外気や内気の中に散布され、空気中でフワフワしているのを他の誰かが空気と一緒に吸い込むことで次々に感染していくのです。

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺に続いている気道(きどう)から血が出ることであり、吐血とは無腸間膜小腸よりも上の消化管から血が出ることを示しています。

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹痛・悪心・嘔吐・腹下しの症状が出る位で済みますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は激烈な腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38℃以上の高い発熱が見分けるポイントだといえます。

大多数の人に水虫といえば足を思いつき、こと足指の間に発症する病気として認知されていますが、白癬菌が感染する場所は決して足だけではなく、体のどこにでも感染してしまう危険性があります。

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルのひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる化学物質について、肝臓から分泌されている解毒酵素のスムーズな生産を支えているかもしれないという新たな可能性が見えてきました。

杉花粉が飛散する時に、お子さんたちが体温はいつも通りなのにクシャミを連発したりサラサラした水っ洟が止まない症状に当てはまったら、残念ながら『スギ花粉症』の恐れがあります。

食べ過ぎ、肥満、喫煙、運動不足、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、老化など多様な素因が合わさると、インスリン分泌が少なくなったり、機能が落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病に罹患します。

続きはこちら>>>>>エリミンも入手方法がスタートだった