呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の成果により、予防接種の効果が望めるのはワクチンを注射した約14日後からおよそ5カ月間ほどだろうと言われているようです。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に四肢がしびれるような感覚があったり脚の著しい浮腫などが代表的で、進行してしまうと、深刻な場合、呼吸困難に至る心不全なども起こす可能性があるということです。

緊張性頭痛というものは肩凝りや首のこりに誘引される肩こり頭痛で、「まるで締め付けられるような強い痛さ」「重いような耐え難い痛みと言い表される症状が特徴です。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭まり、血流が途絶えて、酸素や大事な栄養が心筋に送られず、筋繊維自体が死んでしまう恐ろしい病気です。

チェルノブイリ原子力発電所事故のその後の追跡調査のデータからは、体の大きな大人よりも若い子どものほうが飛んできた放射能の有害な影響をよく受容することが明らかになります。

学校や幼稚園など大規模な集団行動で、花粉症の症状が原因でクラスの友達と等しく元気に身体を動かせないのは、本人にとっても残念なことです。

不整脈の中でも期外収縮は、健康でも出ることがあるので深刻な病気とはいえませんが、短時間で発作が立て続けに出る場合は危険だといえるでしょう。

高血圧(hypertension)の状態が長期間続くと、体中の血管に大きな負荷がかかった挙句、頭頂からつま先まであちらこちらの血管に障害が生じて、合併症を発症する見込が高くなると言われています。

高齢の人や病を患っている方などは、殊更肺炎になりやすくなかなか治らないと言われているので、予め予防する意識や早め早めの治療が大切です。

過食、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、人間関係などのストレス、老化などの様々な因子が集合すると、インスリンの分泌量が減ったり、働きが鈍化したりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発症するのです。

乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに変わり、平成24年9月以降は原則無料で接種することができる定期接種となることによって、集団接種ではなく医療機関で個々に受けるスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルに変更されています。

アミノ酸のグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を衰退させたり変異を誘引する悪影響を及ぼす物質を体の内部で無毒化し、肝臓の性能を促すような能力が分かっているのです。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを助けるということで知られており、血液中の濃度を調節し、筋肉の活動を微調整したり、骨を作り出したりします。

胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事が欧米化したことに加えてスモーキング・お酒・隠れ肥満等の生活習慣の変化、ストレス等に縁って、最近、日本人に多く発病している病気だということができます。

ストレスが溜まる構造や、有効なストレス対処法など、ストレスに関しての詳しい知識を勉強しようとする人は、多くはありません。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら人の体を癌から保護する働きを持つ物質を作出するための型のような遺伝子の不具合で起こる病気だということが分かっています。

スギ花粉症などの症状(鼻みず、酷い鼻づまり、連発するくしゃみなど)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが要因で慢性の睡眠不足に陥り、翌日目覚めてからの仕事内容に芳しくないダメージを及ぼすかもしれません。

毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、今日までの膨大な研究結果によって、予防効果を望めるのは、注射したおよそ2週後から5カ月間程ということが明らかになりました。

ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)やトコフェロールなどとは違い、細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を予防する作用に優れているのです。

耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者しか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者と他の人にも高品質なマイクロホンを利用したりすると感じることのできるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。

めまいは出ないのに、不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状だけをいつまでも繰り返すケースの事を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という名前で診断する場合もあるそうです。

塩分や脂肪の摂取過多を控えて運動に努め、ストレスの多すぎない毎日を心がけることが狭心症を起こす動脈硬化を事前に防ぐポイントなのです。

汗疱とは手の平や足の裏、指の間などにプツプツとした小さな水疱がみられる病状で、基本的には汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出てくると水虫と混同される場合もままあります。

下腹の激しい痛みを主訴とした病気の一例として、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の疾患等がみられます。

一度永久歯の表面を保護しているエナメル質を浸食するほど酷くなってしまった歯周病は、もし炎症そのものが安定したとしても、骨が元通りに復活するようなことはないでしょう。

患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、憂うつ感、不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図等の症状が現れるのです。

BMI(体重指数を求める計算式はどこの国も共通ですが、数値の評価基準は国家によって少しずつ異なり、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22を標準、25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と位置付けています。

ロックミュージシャンのコンサートの開催される会場やダンス広場などにある特別仕様の大型スピーカーのすぐ側で大音量を聞いて難聴になってしまうことを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼ぶのです。

お薬、アルコール、合成乳化剤を始めとした食品への添加物等を特殊な酵素によって分解して無毒化する機能の事を解毒と称しており、肝臓の担う最も大切な活動のひとつです。

5-HT神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの制圧、様々な器官の覚醒などを司っていて、単極性気分障害(うつ病)の患者は働きが低下していることが判明している。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>フィナロイドを危険な感じで生きている